学校飼育動物     
     
              

新着情報&インデックス

            現在の高病原性鳥インフルエンザ感染に対する学校飼育動物における対応レベル
                         

              対応レベルに関する事項→ 特集記事へ

【学校飼育動物 広報・Information】


《学校飼育動物ページ内インデックス》
はじめに
これまでの経緯
学校飼育動物の存在意義  
新潟市における学校飼育動物への新潟市獣医師会の取り組み
新潟県獣医師会としての今後の学校飼育動物への取り組み
学校飼育動物における主な人獣共通感染症
参考資料
資料パンフレット&学校飼育動物関連リンク
特集

   

はじめに           INDEX戻る

 今、さまざまな問題のある現代社会において、子どもが成長する時に一番大切なことは「生きる力」を身につける事だと言われています。生きる力を身につけるには、自分を大切にする事、人をおもいやる事、いろいろなものに興味をもつ事、明るく活力をもつ事、いろいろなものを大切にする事などたくさんのことをあわせ持つ必要があります。
 主に小学校において各種の動物が多数飼育されていますが、その存在は大きな意味があり生きる力を身につける一助にもなっています。その他もちろんの事、責任感や愛情をもち自然科学、生命、芸術に興味をもつ効果も認められています。

(県教育長への要請についてより)
 今まで学校飼育動物に関しましてはその重要性の認識不足、予算の問題、協力体制の不備など様々な問題により適切な飼育が行われていない場合が多い現状でした。
 新潟県獣医師会といたしましては平成11年5月、文部省(現文部科学省)の「小学校学習指導要領?生活編」の中で、小学校における小動物の飼育に関し、「地域の獣医師と連携して動物の適切な飼い方について指導を受けたり、常に健康な動物と動物とかかわることができるようにする必要がある」ことが明記され、平成14年から実施されることも踏まえ、学校飼育動物の適切な飼育に対し協力をして行きたいと考えています。
幼稚園及び小学校教育では、生物教育や道徳教育などを目的として、生活科、理科、総合的な学習の時間等において動物飼育を奨励しており、当県でも多くの小学校で動物が飼育されております。
動物飼育は子供達に生物を愛護し生命を尊重する態度を育てるとともに、生命を理解させ、他人への愛情や共感を養うなどの効果を期待されています。
しかし、学校で飼育されている動物は必ずしも、その生態、習性及び生理が十分に理解され、適正に飼育されてるとおは言い難い面もあり、また、病気に対する医療費も明確には予算化されておらず、その診療については獣医師の奉仕的な活動に委ねられているのが実情であります。
このような状況の中で、全国の各地で獣医師が学校での動物飼育に関わるようになり、近年、教育委員会が獣医師と連携して動物飼育を支援する事業を行う例が増加しております。また、社団法人日本獣医師会は、平成10年に文部省に対して初等教育における動物を活用した情操教育の必要性を提言し、学校で飼育する動物の衛生管理、保健衛生指導等について協力を申し出ております。
当会におきましても、平成6年度から新潟支部が新潟市と委託契約を交わし、学校飼育動物の健康診断・飼育指導及び診療を行い成果を上げるとともに、平成13年度からは学校飼育動物対策委員会を設置し、学校飼育動物に関する対応指針を定め、各地区に学校飼育動物担当の委員を配置するなど、その受け入れ体制の整備に努めてきたところです。
また、当会が実施した一部の小学校等へのアンケート調査でも、動物飼育に関しての相談口の設置、健康診断・飼育指導の実施、診療体制の整備等多くの意見・要望が出されております。
一方、平成14年、「動物の愛護及び管理に関する法律」の規定に基づく「家庭動物等の飼育及び保管に関する基準」が告示され、学校等においては、「管理者は、獣医師等十分な知識と飼養経験を有するものの指導の下に、本基準の各項に基づく適切な飼養及び保管に努めること。」とされ、また、本年、文部科学省から全国の小学校等に配布された「学校における望ましい動物飼育のあり方」には、「学校飼育動物の適正な飼育や管理を行うには、学校、自治体、獣医師会、地域ボランティア等が一体となったネットワークづくりと連帯体制の構築が必要である。」とされております。
    

これまでの経緯              INDEX戻る

 学校飼育動物の飼育指導、健康診断、診療についてはこれまで各学校が各動物病院へ個別に依頼をし、様々なスタイルで行われてきました。(来院、往診、無料、有料、一部負担等)しかしこれによる問題点も数多くあるため、新潟県獣医師会および新潟市獣医師会では現在まで下記のような経緯で活動してきました。

(1)平成6年から、新潟支部が新潟市と委託契約を結び、市内の幼稚園、小中学校で飼育される動物の診療、飼育指導を実施。

(2)平成11年5月、文部省(現文部科学省)の「小学校学習指導要領?生活編」の中で、小学校における小動物の飼育に関し、「地域の獣医師と連携して動物の適切な飼い方について指導を受けたり、常に健康な動物とかかわることができるようにする必要がある」ことを明記。(平成14年度から実施)

(3)平成12年7月、日本獣医師会が全国の地方獣医師会における取り組み状況をまとめ配布。(何らかの形で対応…24箇所、都道府県及び市町村の事業を獣医師会が受託…13箇所)⇒「これを参考に積極的に取り組む必要がある」と指導。

(4)文部科学省が「望ましい動物飼育のあり方」を作成。全国の幼稚園及び小学校に配布予定。…「適切な動物飼育を行うためには獣医師の協力を得ることが必須である」ことを強調。

(5)平成12年11月 冊子の配布
・学校飼育動物の診療ハンドブック(日本獣医師会作成)
・学校飼育動物のすべて〜子供とゆとりある飼育を楽しむために(中川美穂子監修)

(6)平成13年2月 学校飼育動物に関する講習会の開催
・講師 日本小動物獣医師会 学校飼育動物対策副委員長 中川美穂子 先生

(7)平成15年10月29日 県教育委員長への要請
・県獣医師会会長 布施康正
・学校飼育動物対策委員長 宮川 保
・県獣医師会専務 遠藤恭介

(8)平成15年12月11日 学校飼育動物公開シンポジウムの開催
・「学校教育と飼育動物のあり方」 文部科学省視学官 島野道弘 先生
・「子どもたちに生命尊重と共感を育てる動物飼育のすすめ方」 日本小動物獣医師会 学校飼育動物対策副委員長 中川美穂子 先生
・「生活科における飼育指導の実践例」 新潟大学付属新潟小学校教諭 長沼智之 先生
・「新潟県獣医師会における学校飼育動物への取り組み」 県獣医師会学校飼育動物対策委員長 宮川 保 先生
・ 総合討論:質疑応答
 

    

学校飼育動物の存在意義          INDEX戻る

 学校で動物を飼育することは児童、生徒にとって様々な効果があることが認められていますが主なものは下記に上げるものがあります。

(1)生命の理解の一助

(2)愛情や思いやり精神の育成

(3)責任感の芽生え

(4)自然科学への興味をもたせる

(5)明るさ、活力をもたせる

(6)他人とのコミュニケーションを活発化させる

(7)芸術心を高める

(8)その他

   

新潟市における学校飼育動物への新潟市獣医師会の取り組み         INDEX戻る

(1)経過
 平成5年度より新潟市の教育委員会と新潟市獣医師会が学校飼育動物に対する検討会議を開き、新潟市における飼育動物の実態調査、及び診療実績調査を行い、その結果に従い平成6年度より飼育動物診療・飼育指導委託契約をむすび、平成9年度より健康診断を加え、飼育動物診療・飼育指導・健康診断委託契約とし、学校飼育動物診療事業を実施している。

(2)学校飼育動物診療事業の概要
 学校(園)飼育動物診療事業〜新潟市において〜
目的:
この事業は学校(園)名度の教育施設において飼育される動物の健康診断と飼育指導並びに診療を実施することにより、学校飼育動物が適正飼育されること、並びに児童、生徒の健全な育成と動物愛護精神の普及啓発に寄与することを目的とする。
内容:
@新潟市教育委員会と獣医師会新潟支部が、学校飼育動物診療、健康診断、飼育指導に関する委託契約を結ぶ
@獣医師は各学校(園)を担当する動物病院を明示し、担当した動物病院は、担当校の診療、健康診断、飼育指導を行う。
@教育委員会は、学校飼育動物の診療並びに健康診断、飼育指導に関する委託料を獣医師会に支払う
@獣医師会は協力する動物病院に対し協力費、診療補助費を支払う。
@各診療、健康診断ごとに依頼書、報告書等を作成し、教育委員会、学校動物病院、獣医師会で保管し、年間集計を行う。
@担当獣医師は担当する学校、園に対し年一回、訪問による飼育動物の定期健康診断と、飼育指導を行う
@獣医師会は必要に応じて飼育担当教職員及び生徒に対し飼育の指導を行う
@獣医師会は、動物愛護精神の普及啓発と、人畜共通感染症に対する正しい知識の普及を計るため、飼育担当教職員を対象に講習会が開催される場合は協力する。
対象施設: 
@動物を飼育する新潟市立の、幼稚園、小学校、中学校、養護学校で、各校の担当動物病院を決め診療、健康診断、飼育指導を実施する。
対象動物:
@委託対象校(園)で飼育される全ての動物を対象とする。野生鳥獣は野生傷病鳥獣保護収容事業で対応する。
対象診療科目:
@内科、外科を問わず、すべてを対象とする。
 担当動物病院の役割は、市内68校の動物を飼育する小、中、養護学校、幼稚園を29動物病院で担当し、病気の治療(平成13年度、総診療件数128件)、飼育に関する相談指導、年1回の訪問による健康診断を全校に実施し、飼育委員会等への飼育・ふれあい方指導、保健衛生指導を行っている。
 市獣医師会は、担当動物病院へ診療と健康診断の実績に応じて協力費を支給し、教職員への講習会の開催と、希望校での生活科ふれあい授業の実施、また動物愛護教会と協力し、ふれあい動物教室と飼育優良校の表彰を実施している。

(3)問題点
 事業が始まってから9年が経過し会員の協力もあり順調に取り組みが行われていますが、さまざまな問題点も指摘されるようになりました。教師への講習会が毎年開催されていますが、飼育担当者や校長が変わるとまた以前と同じ状態になるなど、依然動物に対する理解が乏しく、飼育動物の維持管理の仕方、子供の健康への配慮、休日の対応の仕方などに問題があり、また動物へのふれあい方指導の問題から、餌やりや掃除は上手いがさわることのできない子供たちが出てくるなどの問題が、指摘されるようになりました。また行政との関係においては、業務委託という契約では教育委員会が主導となっては動くことは少なく、また現場の教師には、当然の権利としてこの事業を捉えるなどこの事業の趣旨が浸透していないなどの問題や、一度むすんだ契約は委託内容等の改正が難しく、新しい体制を作ることを困難にしているなどの点が指摘されています。
  

新潟県獣医師会としての今後の学校飼育動物への取り組み            INDEX戻る

 新潟県獣医師会では、学校飼育動物対策事業を重点事業と捉え平成13年より、学校飼育動物対策委員会を設置、県内を12地区に分け委員を選出し、対策を協議してきました。今後の目標は学校保健法改正による学校獣医師制度の確立を目指しますが、当面は各市町村での条例による学校獣医師制度または各市町村との委託契約を目標に活動を行うことにしました。

(1)学校獣医師の任務
 学校にかかわる獣医師の役割は、@飼育動物の疾病の予防と治療、A飼育動物の健康診断、B教員、児童への飼育指導、C児童への動物愛護指導、D保健衛生指導とし、県内の獣医師会会員に協力をお願いした。

(2)事業の内容
@疾病の治療
 各学校からの各動物病院への依頼による自由診療とするが、依頼書、報告書、治療費を定めて実施。獣医師会で年間の診療実績を取りまとめ教育委員会に報告する。
Aモデル校を設定し、訪問による健康診断、飼育指導、飼育委員会に対す動物愛護指導を実施。
B希望校での生活科等でのふれあい授業
 地区委員へふれあい授業に必要な実験用心音計、二又聴診器、紙芝居を配布。
C教師に対する講習会
 地区委員へ教師向け講習会用CD-ROMを配布し各地域での要望にこたえる。
D飼育マニュアルの配布

(3)行政への対応
 各市町村の教育委員会が交渉の単位となるので各地区委員が各教育委員会と折衝し、各地域の学校飼育動物の実態調査を実施すると共に学校飼育動物に対する理解を求めた。各地域での実体が把握された後は、教育委員会へ要望書を提出。


(4)学校への対応
 学校からの依頼はどのような内容でも断らない、困難な場合は、地区委員に相談す
る。実施した事は、依頼書に記入してもらい、報告書を学校長に提出し、実績を積む。


(5)獣医師への対応
 獣医師会会員に学校飼育動物への理解、協力をお願いし、ウサギ、ニワトリ、モルモット等の診療、飼育、飼育指導に対する知識と、ふれあい授業等に対する知識の充実を図るため講習会の開催。


(6)各地域での対応
 各地域で協力する獣医師の会を設立し、行政に対応する窓口を作る。あわせて地域の学校飼育動物委員会を作り対応を協議する。


(7)県獣の対応
 県獣医師会は、県、教育庁に要望書を提出し、国に学校獣医師制度創設のための意見書提出と、県内の学校飼育動物の実態調査を実施すると共に、各地域の教育委員会に学校飼育動物の現状と獣医師会の取り組み、各地域での活動について通知することを要望する。また県内各地域の実態調査を行うと共に、飼育指導マニュアル、教師向け講習会マニュアル、ふれあい授業マニュアル、診療料金マニュアルを作成配布する。

   

学校飼育動物における主な人獣共通感染症            INDEX戻る

 人獣共通感染症−動物たちが罹る病気のうちで、人にもうつる伝染性疾患

 学校飼育動物の主な人獣共通感染症
〈動物種〉
〈病名〉
〈原因〉
〈感染経路〉
ウサギ 皮膚糸状菌症 真菌 接触
パスツレラ症 細菌 経皮
ハムスター・モルモットなど 皮膚糸状菌症 真菌 接触
鼠こう症 細菌 こう傷
インコ・十姉妹 オウム病 クラミジア 経気道感染
パスツレラ症 細菌 経皮
ニワトリ・チャボ・ウズラ ニューカッスル病 ウイルス 接触・経口
サルモネラ症 細菌 接触・経口
大腸菌症 細菌 接触・経口

☆ 人獣共通感染症を防ぐポイント
  1 正しい飼育知識を持つ
  2 飼育環境を清潔に保つ
  3 けじめを持って接する
  4 手洗い、うがいをする
  5 定期的に検診を受ける
   

参考資料                      INDEX戻る

  • 学校飼育動物のすべて 中川美穂子・監修 ファームプレス
  • 学校飼育動物の診療ハンドブック 日本獣医師会
  • 動物飼育の辞典 岡田要・監修 東陽出版
  • 初等中等教育における生命尊重の心を育む実験観察や飼育の在り方に関する調査研究 須貝太郎

資料パンフレット&学校飼育動物関連リンク         INDEX戻る

資料パンフ
  ニワトリ〜気をつけて世話しよう〜(ダウンロード用A4)

お役立ちリンク
>>学校における動物飼育について-文部科学省
>>日本小動物獣医師会-学校飼育動物
>>全国学校飼育動物研究会
>>学校飼育動物を考えるページ-全国学校飼育動物獣医師連絡協議会

特集                      INDEX戻る

 ☆高病原性鳥インフルエンザの症状と学校飼育動物への対応☆
《主な症状》
  潜伏期間 3〜10日位
  食欲・飲水欲の低下、羽毛逆立ちと沈鬱
  顔面肉冠もしくは脚部の浮腫、出血斑もしくはチアノーゼ
  産卵の停止
  呼吸器症状(ゼーゼー)、下痢、神経症状  突然死    
 等々症状は多様であり、病気になったときの判断は難しいため早い段階で獣医師に相談する。
 飼育する鳥がばたばたと続けて具合が悪くなったり、死亡したりしない限り基本的には心配ない。

《消毒》
<参考1>
逆性石鹸は、オスバンやベンザルコニウム液など500mlの商品から業務用1Lのパコマやアストップなどがあります。手指の消毒には、100倍から200倍の濃度が推奨されています。また1000倍で噴霧して使用しても効果があります。

<参考2>
ピューラックスは、小学校のプールの消毒に使用されている為、殆どの小学校が所有しており、手軽な消毒薬です。製品の裏に、使用説明がありますので読んでください。
(注)ピューラックス(次亜塩素酸ナトリウム6%) ない場合、薬局で購入してください。水2Lに対してキャップ1杯(付属のキャップの容量は約6ccあります)を取り混ぜたものを使用してください。

<参考3>
キッチンハイター(次亜塩素酸ナトリウム 濃度不明記述なし)を使用する場合。
水5Lに対してキャップ2杯(付属キャップの容量は約25ccあります)を取り混ぜたものを使用してください。
<参考4>
床が土の場合、糞便などの消毒として消石灰を撒くと効果があります。
詳細は、各都道府県の獣医師会及び家畜保健衛生所でお聞きください。

子供たちや先生には、「鳥インフルエンザが発生したら大変なことになるではなく、動物と接触する場合は手洗いやうがいをしっかりと行い、動物から人へ、あるいは人から動物へ病気がうつらないように、普段から気をつけて生活し、動物を可愛がりましょう。」とお話いただければ幸いです。

《学校飼育動物への対応》             INDEX戻る
 高病原性鳥インフルエンザについては散発的に日本各地で野鳥または家禽での感染が確認され、今後感染の拡大が心配されています。
 学校飼育動物における高病原性鳥インフルエンザへの対応は、下記の3段階に分けられ、それぞれのレベルに合わせた対応が必要です。

レベル   対     策
 
平常時、国内に発生なし
1.健康状態の観察の徹底
2.野鳥が飼育舎に侵入するのを防ぐ
3.衛生管理の徹底
4.飼育舎の清掃、接触前後の手洗い、うがいの徹底
5.新しい動物を導入する場合は、獣医師に相談し、健康な動物を選ぶ        
 
日本に発生
隣接県に発生なし
 対応レベル1に以下の対策項目を追加する
6.野鳥の糞との接触は避ける

7.飼育舎の出入りの際には消毒槽などで靴を消毒する
8.プール等に水鳥が飛来できないようにする
9.複数または連続して死亡する等の異常を発見した場合は、獣医師、家畜保健所に連絡する    
 
県内で発生、または
近隣県で発生
 
 以下の対策項目を追加する
10.日常の飼育は獣医師の指導の下に、教師が行う
11.衛生部、教育委員会、医師会、獣医師会が対策委員会を設置し速やかに対応に当たることが望ましい                   


  このWebサイトでは一部PDFを利用しています。
左のバナーボタンサイトより、無料アプリをダウンロードしご覧ください。