本文へ移動

家畜伝染病予防のための仕事

家畜保健衛生所では、家畜伝染病の予防、まん延防止のための各種検査を行っています。
 
家畜伝染病には、26種類の伝染性疾病が法律で家畜伝染病として定められています。
また、各疾病によって、対象家畜も定められています。
家畜伝染病の対象家畜
  • 牛 水牛 しか
  • 豚 いのしし
  • 鶏 あひる 
  • みつばち
  • めん羊 山羊
  • 七面鳥 うずら
牛では結核病、ブルセラ病、ヨーネ病、白血病、BSE等の検査を行います。

豚では豚コレラ、PRRS、日本脳炎等の検査を行います。
牛の結核病検査(ツベルクリン反応)
豚の採血(豚オーエスキー病検査)
馬の採血(伝染性貧血検査)
放牧牛の健康検査(ピロプラズマ病等)
 
 
 
Get ADOBE READER
このWebサイトでは一部PDFを利用しています。上のバナーボタンサイトより、無料アプリをダウンロードしご覧ください。
TOPへ戻る